-->
各種薬剤治療センターの構造と機能


一般的にリハビリテーションセンターや診療所として知られている薬物治療センターは、薬物中毒者の治療とリハビリテーションのために特別に設計された場所です。当センターは、医療従事者や専門家の専門的なケアを通じて、中毒者が心身の問題に対処し、通常の生活に戻る方法を見つけるのに役立ちます。一般的に、彼らは医療援助と心理療法を通じて薬物中毒者を助けます。また、家族や親しい友人にカウンセリングを行い、状況をよりよく理解しています。

この概念に従って、全国と世界中に多くの薬物治療センターがあります。彼らは彼らの生理的および心理的なニーズに応じて患者を治療します。すべての薬物治療センターは、彼らが提供するプログラムの種類にいくつかの違いがあります。ただし、これらのプログラムの基礎は一般的に同じです。

薬物リハビリテーションセンターは、一般に、外来センター、住宅用薬物治療センターまたは入院センター、長期薬物治療センター、青年治療センターのタイプです。

外来センターは、いくつかの重要なサービスを提供しています。これらには、投薬、個別カウンセリング、グループセラピー、ライフスキル教育の異なるタイプが含まれます。彼らはまた、患者の周りの通常の寿命時間をスケジュールし、彼らに時刻表に従うことを義務付けます。軽度または中等度の中毒は、外来センターのプログラムを通じて治療および治癒することができる。

重度の中毒の場合は、住宅または入院薬治療センターでの治療をお勧めします。居住治療は、中毒者が薬物のない環境で肯定的で健康的な方法で治療に従うことを容易にします。これは、患者が新しい生活のリズムを開始し、彼らの古いライフスタイルを取り除くのを助けます。

長期治療センターは、その名の通り、患者に長期的または生涯にわたる治療を提供することを意味する。彼らはまた、重度または中毒の長い歴史を持つ患者のためです。治療は1年以上伸ばすことができます。時には、患者は再発を避けるために生涯の特定のガイドラインに従わなければならないことがあります。

思春期の治療センターは、ティーンエイジャーとプレ成人専用の治療を提供するためのものであります。この年齢層の若者は、肉体的、精神的な変化をたくさん経験します。これは人生の非常に不安定な段階であり、彼らはこの時点で薬物に非常に影響を受けやすいです。彼らは適切な治療とカウンセリングを含む特別なケアを必要とします。思春期の治療センターは、この目的を果たしています。

すべての薬物治療センターは、特定の一般的な機能を持っています。主な目的は、中毒者が彼または彼女の中毒を克服し、幸せで正常な生活に戻るのを助けることを助けです。これらのセンターは、回復中毒者に物理的、精神的、感情的なサポートを提供します。彼らは患者が薬をやめるのを助けるために最高の中毒薬を管理します。彼らは、個人やグループセラピー、カウンセリング、会議や社交的な外出などの特別なプログラムを考案します。これは、回復中毒者が異なる活動中に自分自身の間で相互作用するための絶好の機会と考えられています。

体の解毒は、薬物治療センターの主要な医療機能の一つです。解毒またはデトックスは、体内から有害物質を除去し、薬物のすべての痕跡の体を浄化するプロセスです。患者がこのプロセスを受けるとき、それは一般的にそれらの禁断症状が続きます。これらの衰弱症状に対抗するために、患者は医療療法に加えて治療の他の側面にさらされている。彼らは非常に良い栄養を提供し、軽い体操を行うために作られています。

解毒プロセスは厳密に医療専門家によって監督されています。定期的なカウンセリングとセラピーセッションは、このプロセスを受ける患者と行われます。セラピーとカウンセリングは、個別に、またはグループで行うことができます。必要に応じて,家族のセッションも行われます。

最近では、ほとんどの薬物治療センターは、社会的相互作用、圧力の処理、ストレスへの対処など、患者のライフスキルを開発しようとします。また、金融や就職などの問題を支援し、社会への適応を保証します。患者に与えられた治療は、彼らが回復後、より自信を持って生きることを許します。

回復プログラムの成功率は患者の意欲に依存する。患者の同意なしに回復プログラムを成功させることができない。

LihatTutupKomentar